汎用的に活用できる業務・研究の進め方

1) トヨタ・サムスンを中から見てきた業務の進め方
 トヨタ生産方式の “ち密さ” を サムスン流の “スピード”で! 
 ものづくり全般に関して役立ちます。
 常に生産現場の確認し、定量化されたデータでの活動
 トヨタ生産方式の着眼での現地現物・カイゼン活動
 サムスン流のスピードはいかにして実現するのか。

2) 業務プロセル要素
 “ち密” にかつ、“スピーディ”に仕事をこなすための「小わざ」です。
 開発にも製造にも、あるいは大学等の研究にも応用できます。
 あまりにも当たり前の「小わざ」ですが、意識し続け、また、組み合わることでゆるぎない結果につながります。

経験と固有技術でのアプローチ

3) 技術開発の具体的なご支援
 ・自動車を対象とした樹脂化・軽量化
 ・成形加工全般

4) トヨタ生産方式、カイゼン活動
 製造現場を見ながらの具体的な活動が効果的です。
 また、この着眼を大学での研究活動等に適用できればと考えております。

5) 企業文化論、国民性・民族性からの理解
 常識の違いを理解することから相互利益が始まります。
 SDGsの目標の各所にも国際協調は当然のこととされています。

メールにてお気軽にお問合せ・ご相談ください。

お問合せ / contact